Monthly Archives: %s2月 2015

【TRICERATOPS】SONGS FOR THE STARLIGHT

ディスクレビュー, 記事|

728x90-min

【トライセラトップス】ソングス・フォー・ザ・スターライト

TRICERATOPS SONGS FOR THE STARLIGHT

 

  • 参加メンバー
  • 和田唱 (わだしょう) ボーカル、ギター
  • 林幸治 (はやしこうじ) ベース
  • 吉田佳史 (よしだよしふみ) ドラム

 

  • 収録曲
  1. GRRR! GRRR! GRRR!
  2. HOLLYWOOD
  3. スターライト スターライト
  4. ポスターフレーム
  5. GOOD ENOUGH
  6. PUMPKIN
  7. 僕はゴースト
  8. 虹色のレコード
  9. FLASH!!!
  10. 恋するギターとガーベラの花
  11. ふたつの窓

 

  • レビュー
前回のアルバムから実に4年振り、TRICERATOPS 11枚目のアルバムが発表された。近年は様々なアーティストの楽曲提供も盛んに行っている和田唱氏のソングライティング・センスが光る素晴らしいアルバム。最初に耳に飛び込んでくるのはバンド一丸となったダンス・グルーヴで、4打ちビートを3ピースで展開するというバンド本来の持ち味が鮮やかに展開されている。3曲目、7曲目、9曲目などの疾走リフ・ナンバー、5曲目、6曲目のモダン R&B 的アプローチ、8曲目、11曲目の絶品バラードなどにもバンドの魅力が見事に凝縮されている。リズム面とメロディが際立っているが、絶妙に配置されたアコギやエレキのギター・プレイも聴きどころだ。更に同封された特典音源 CD には桜井和寿氏とのオリジナル共作曲も収録されている。

 

【FENDER】AMERICAN STANDARD TELECASTER HH

エレキ, ギター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】アメリカン・スタンダード・テレキャスター HH

FENDER AMERICAN STANDARD TELECASTER HH

 

  • スペック
  • ボディ素材:アルダー
  • ネック素材:メイプル
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:22フレット
  • スケール:25 1/2インチ
  • ピックアップ:Twin Head ハムバッキング ×2
  • コントロール:ボリューム ×1、トーン ×1、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
  • ペグ:デラックス・スタッガード・キャスト/シールド
  • ブリッジ:6サドル・アメリカン・スタンダード・ストリングス-スルー・ボディ・テレ with ベンド・スティール・サドルス and スタンプド・ブラス・プレート
  • カラー:ブラック、オーシャン・ブルー・メタリック、オリンピック・ホワイト、3カラー・サンバースト

 

  • レビュー
フェンダーの人気シリーズ”アメリカン・スタンダード”にハムバッキング・ピックアップを2基搭載したテレキャスターが登場。アルダー・ボディ&メイプル・ネックを基本とする王道スペックながら、フラットな指板、ミディアム・ジャンボ・フレット、22フレット、6ウェイ・サドル、ボディへのコンター加工といった現代的テイストも加えられている。同じアンプ・セッティングでシングル・ピックアップのノーマルなテレキャスターと弾き比べると、サウンドの違いは一聴瞭然だった。ノーマルなテレキャスターがフロント・ピックアップのディープな低域からリア・ピックアップのトレブリーな高域までの幅広い音域を備えているのに比べ、この2ハム仕様のテレキャスターは全体的に中音域に存在感を持たせた扱いやすいサウンドが特徴と言えるだろう。やはり2ハム・ピックアップによるコシの効いたサウンドは魅力的だ。フロント・ピックアップは甘くなり過ぎずクッキリした輪郭を維持しており、逆にリア・ピックアップは鋭い立ち上がりながらも耳に痛くない太い音色。それでいてテレキャスターならではの歯切れの良さも備えている。2本目のテレキャスターとして、またギブソン・ギター奏者の次なるギターとして最適ではないだろうか。

 

【GIBSON】1968 LES PAUL CUSTOM VOS JAPAN LIMITED

エレキ, ギター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【ギブソン】1968レス・ポール・カスタム・ビンテージ・オリジナル・スペック・ジャパン・リミテッド

GIBSON 1968 LES PAUL CUSTOM VOS JAPAN LIMITED

 

  • スペック
  • ボディ素材:メイプル・トップ、マホガニー・バック
  • ネック素材:マホガニー
  • 指板素材:エボニー
  • フレット数:22フレット
  • スケール:24 3/4インチ
  • ピックアップ:AWG#42 AL2 OUTPUT CLOSE CUSTOMBUCKER-S ×2
  • コントロール:ボリューム ×2、トーン ×2、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
  • ペグ:ゴールド・ワッフル・バックス
  • ブリッジ:ABR メタル・サドル&ワイヤー (ナイロン・サドル付属)
  • テイルピース:アルミニウム・ストップ・バー
  • カラー:エボニー

 

  • レビュー
レス・ポール・カスタム・ファン待望の68年仕様が日本限定で発売された。68年はレス・ポール・カスタムの歴史の中でも、非常に人気の高いビンテージ・イヤー。同年製のカスタムは、スタンダードを思わせるメイプル・トップ/マホガニー・バックというボディの構成と、カスタムならではのエボニー指板やクルーソンのワッフル・バック・ペグといった要素が相まって、他の年代のレス・ポールには無いロックなサウンドが人気を呼んでいる。今回のモデルはギブソン・カスタムのヒストリック・プロダクト・マネージャーに「ここまで徹底的な68カスタムの再現は今回が初めて」と言わしめた会心の出来となっている。復刻にあたりギブソン社はオリジナルのビンテージを複数解析。68年製の中でも前期と後期で仕様が異なる事を発見し、前期型をベース・モデルとして各部をスキャン、ピックアップも新しく開発した。そのサウンドは、太さと固さのバランスが程よい独特なもので、特に歪みとの相性は最高。また、カスタムにしては軽いのも特徴で、よほど良質な材だと思われる。

 

【AC/DC】ROCK OR BUST

ディスクレビュー, 記事|

728x90-min

【AC/DC】ロック・オア・バスト

AC/DC ROCK OR BUST

 

  • 参加メンバー
  • Brian Johnson (ブライアン・ジョンソン) ボーカル
  • Angus Young (アンガス・ヤング) ギター
  • Stevie Young (スティーヴィー・ヤング) ギター
  • Cliff Williams (クリフ・ウィリアム) ベース
  • Phil Rudd (フィル・ラッド) ドラム

 

  • 収録曲
  1. Rock Or Bust (ロック・オア・バスト)
  2. Play Ball (プレイボール)
  3. Rock The Blues Away (ロック・ザ・ブルーズ・アウェイ)
  4. Miss Adventure (ミス・アドヴェンチャー)
  5. Dogs Of War (ドッグズ・オブ・ウォー)
  6. Got Some Rock & Roll Thunder (ガット・サム・ロックンロール・サンダー)
  7. Hard Times (ハード・タイムズ)
  8. Baptism By Fire (バプティズム・バイ・ファイア)
  9. Rock The House (ロック・ザ・ハウス)
  10. Sweet Candy (スウィート・キャンディー)
  11. Emission Control (エミッション・コントロール)

 

  • レビュー
今なお現役で活躍するロックンロール・バンド AC/DC が退屈な毎日に刺激を与えてくれる最新作。今まで AC/DC を支えて来た Malcolm Young (マルコム・ヤング) に代わって甥の Stevie Young (スティーヴィー・ヤング) が参加している。ギタリストの変更により、今までのサウンドは無くなってしまったのかと心配をしたが、そんな心配は杞憂だった。1曲目から AC/DC らしいサウンドを聴く事が出来る。 Stevie Young (スティーヴィー・ヤング) は Malcolm Young (マルコム・ヤング) のギターを使用しているとの事で、サウンド面も含めて完璧に表現をしている。シンプルでありながら誰も真似する事が出来ないタイトなリフ、ド派手なフレージングのソロ、ライブに足を運びたくさせるアルバムだ。