【ギブソン】ボブ・ディラン SJ-200 プレイヤーズ・エディション

アコギ, ギター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【GIBSON】Bob Dylan SJ-200 Player’s Edition

GIBSON Bob Dylan SJ-200 Player's Edition

 

  • スペック
  • ボディ素材:アディロンダック・スプルース (トップ)、フレイム・メイプル (サイド&バック)
  • ネック素材:メイプル / ローズウッド / メイプル
  • 指板素材:ローズウッド
  • ブリッジ:ローズウッド / マスターシュ
  • ペグ:ゴトー (ゴールド)
  • ピックアップ:L.R.Baggs Anthem

 

  • レビュー
ボブ・ディラン・モデルのアコギ、The Limited Edition Bob Dylan Autographed SJ-200 Collector’s Edition (リミテッド・エディション・ボブ・ディラン・オートグラフド SJ-200 コレクターズ・エディション) に続いて、より積極的カスタマイズが施されたプレイヤーズ・エディションが GIBSON ACOUSTIC (ギブソン・アコースティック) から登場。Bob Dylan SJ-200 Player’s Edition (ボブ・ディラン SJ-200 プレイヤーズ・エディション) は、ボブ・ディランを象徴する “eye” ロゴや、高級感溢れた装飾が施されたダブル・ピックガードなどファン垂涎の仕様を備えている。材はボディ・トップにアディロンダック・スプルース、サイド&バックにメイプルを採用。そしてピックアップは L.R.BAGGS の Anthem が標準搭載されている。

 

【ギブソン】レス・ポール・レス・プラス P-90

エレキ, ギター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【GIBSON】LES PAUL LESS PLUS P-90

GIBSON LES PAUL LESS PLUS P-90

 

  • スペック
  • ボディ素材:メイプル (トップ)、マホガニー (バック)
  • ネック素材:マホガニー
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:22フレット
  • ピックアップ:P-90 / アルニコ V × 2
  • コントロール:ボリューム × 2、トーン × 1、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
  • チューナー:G-FORCE

 

  • レビュー
薄く軽量なボディやコンター加工による取り回しの良さで人気の Les Paul Less Plus (レス・ポール・レス・プラス) に、GIBSON (ギブソン) の歴史を感じさせるゴールドトップが限定生産にて登場。GIBSON USA (ギブソン USA) から新たに登場した Les Paul Less Plus P-90 (レス・ポール・レス・プラス P-90) は、ニトロセルロース・ラッカーによる美しく輝くゴールド・カラーや、ビンテージ・スタイルの P-90 ピックアップ、ゴールド・トップ・ハット・ノブを採用したコントロールなど伝統的な仕様が随所に光っている。そして特筆すべきはヘッド裏にオート・チューニング・システム G-FORCE を搭載している事。さらに高さ調整可能な0フレット・ナットも装備しており、より取り回しの良いモデルへと進化を遂げている。

 

【フェンダー】スペシャル・エディション・ブラックトップ・ジャズマスターHH ストライプ

エレキ, ギター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【FENDER】SPECIAL EDITION BLACKTOP JAZZMASTER HH STRIPE

FENDER SPECIAL EDITION BLACKTOP JAZZMASTER HH STRIPE

 

  • スペック
  • ボディ素材:アルダー
  • ネック素材:メイプル
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:21フレット
  • スケール:648 mm
  • ピックアップ:ホット・ビンテージ・アルニコ・ハムバッキング × 2
  • コントロール:ボリューム、トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
  • ブリッジ:6サドル・ビンテージ・スタイル・アジャスタブル・ウィズ・フローティング・トレモロ
  • ペグ:スタンダード・キャスト / シールド

 

  • レビュー
レギュラー・モデルとは一味違う個性的なジャズマスターが登場。ホット・ビンテージ・アルニコ・ハムバッキングが生み出すパワフルなサウンドは、通常のジャズマスターに比べてより現代的な音楽とマッチする印象。フロント、リア単体で弾くと厚みのあるサウンドだが、ミックス・ポジションではブライトでプリプリとした音質になり、意外と守備範囲は広そうだ。演奏性も良好で、フラット気味の指板にミディアム・ジャンボのフレットが打ち込まれ、チョーキング時にも音詰まりしにくい。そもそも、アンプにつながない状態での生鳴りも良く、歪みもクリーンもどちらもイケて、価格も非常に手頃だ。SPECIAL EDITION BLACKTOP JAZZMASTER HH STRIPE (スペシャル・エディション・ブラックトップ・ジャズマスターHH ストライプ) を含め、フェンダー・エンセナダ工場が良心的なので、特に若いギタリストにお勧めのギターだ。ライブ中に手が当たりやすいプリセット・トーンを排除しているのも非常に実用的。

 

【エキゾチック】ワウ XW-1

エフェクター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【XOTIC】WAH XW-1

XOTIC WAH XW-1

 

  • スペック
  • コントロール:バイアス、ワウ-Q、トレブル、ベース、トゥルー・バイパス・スイッチ (筐体内部) インターナル・ディップ・スイッチ
  • 入出力端子:インプット、アウトプット
  • 電源:9V 電池、9V アダプター
  • 外形寸法:幅 100 mm、奥行 210 mm、高さ 67 mm
  • 重量:980 g

 

  • レビュー
数々の名作ペダルを生み出してきた XOTIC (エキゾチック) から、待望のワウ・ペダルが発売。WAH XW-1 は 1967 年から 1968 年にかけてイタリアで生産された VOX のクライド・マッコイのサウンドをベースに、様々なシーンで使えるよう4つのコントロールと内部のディップ・スイッチを搭載したもの。ボディ側面に配されたバイアス・コントロール、ワウ-Q、トレブル、ベースなどのツマミの威力は絶大で、ビンテージ・サウンドからほとんど飛び道具という感じのかなりエグいサウンドまで作り込む事が出来るワウ・ペダルだ。試奏では、スイッチは軽め、踏み幅はやや広めに感じた。サウンドの質の高さはもちろん、バリエーションの広さ、ノイズの少なさ、通常のワウよりコンパクトな筐体、軽いボディなど、現代のワウに求められる全ての要素を高いレベルで満たしている点が WAH XW-1 の魅力。

 

【ライン6】アンプリファイ TT

アンプ, エフェクター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【LINE 6】AMPLIFi TT

LINE 6 AMPLIFi TT

 

  • スペック
  • アンプ:70 種類以上
  • エフェクト:100 種類以上
  • スピーカー・キャビネット:20 種類以上
  • コントロール:プリセット・トーン選択ボタン ( A / B / C / D )、タップ・ボタン、Bluetooth ボタン、ドライブ、ベース、ミッド、トレブル、リバーブ、ボリューム・ダイヤル (プッシュでブレンド機能)
  • 入出力端子:ギター・イン、メイン・アウト ×2 ( L / R )、メイン・アウト ×2 (フォノプラグ)、アンプ・アウト、オプティカル・アウト、USB、FBV、ヘッドフォン

 

  • レビュー
LINE 6 (ライン6) のAMPLIFi TT (アンプリファイ TT) はモバイルアプリを活用した卓上型マルチ・エフェクター。専用アプリ AMPLIFi Remote (アンプリファイ・リモート) をインストールしたスマホや iPad などの Bluetooth 対応デバイスでワイヤレス・コントロールする仕組みで、70 種類以上のアンプ・タイプ、100 種類以上のエフェクター、20 種類以上のキャビネットを用意。エディット画面のアイコンをタップしたり、パラメーターをドラッグしたりして操作するのだが、枯れたビンテージ・トーンから力強いロック・サウンドまで、その音作りの幅は無限大。また、スクリーンに戻らなくても、トーンや音量は本体のツマミで調整が可能だ。軽くてコンパクトなので、バッグでも気軽に持ち運べるし、USB 端子があるので宅録にも便利。アプリ内のプレイヤーに合わせてジャムも楽しめる。現状の言語は英語だが、グラフィックが分かり易いので iPhone や iPad の操作に慣れている人なら問題なく扱える。