【FENDER】’65 DELUXE REVERB Blondes Have More Fun FSR

アンプ, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】’65デラックス・リバーブ・ブロンズ・ハブ・モア・ファン・ファクトリー・スペシャル・ラン

65 DELUXE REVERB Blondes Have More Fun FSR

 

65 DELUXE REVERB Blondes Have More Fun FSR  ケース

 

  • スペック
  • 出力:22W
  • チャンネル数:2
  • 真空管:12AX7 ×4、12AT7 ×2、6V6 ×2、5ar4 ×1
  • コントロール:【ノーマル】ボリューム、トレブル、ベース【ビブラート】ボリューム、トレブル、ベース【リバーブ・ビブラート】スピード、インテンシティ
  • 外形寸法:662mm (幅)、241mm (奥行)、445mm (高さ)
  • 重量:19.05kg

 

  • レビュー
人気のあるブロンド・トーレックスとブラウン・クロスを組み合わせたゴージャスなモデル。スピーカーはエミネンス製のアルニコ・スピーカーを採用し、新たなフェンダー・サウンドを打ち出している。付属するフェンダー公認のツアー・ケースにも注目。

 

【FENDER】’65 DELUXE REVERB HEAD

アンプ, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】’65デラックス・リバーブ・ヘッド

FENDER '65 DELUXE REVERB HEAD

 

  • スペック
  • 出力:22W
  • 真空管:12AX7 ×4、6V6 ×2 (パワー部)
  • スピーカー:セレッション製 TEN 30 Speakers (10インチ)
  • コントロール:【ノーマル】ボリューム、トレブル、ベース、【ビブラート】ボリューム、トレブル、ベース、リバーブ、スピード、インテンシティー
  • 外形寸法:610mm (幅)、220mm (奥行)、238mm (高さ)
  • 重量:12.2kg

 

  • レビュー
’65 DELUXE REVERB (’65デラックス・リバーブ) のヘッド・バージョン。重量は12kgと軽くなって取り回しが良く、スタジオやライブでこだわりのフェンダー・トーンをクランク・アップ出来る。様々なタイプのキャビネットと組み合わせて、お手軽にその違いを楽しめるのも’65 DELUXE REVERB HEAD (’65デラックス・リバーブ・ヘッド) の魅力。

 

【FENDER】’68 CUSTOM PRINCETON REVERB

アンプ, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】’68カスタム・プリンストン・リバーブ

FENDER '68 CUSTOM PRINCETON REVERB

 

  • スペック
  • 出力:12W
  • チャンネル数:1
  • 真空管:12AX7 ×3、12AT7 (プリ部)、6V6 ×2 (パワー部)
  • スピーカー:セレッション製 TEN 30 Speakers (10インチ)
  • コントロール:ボリューム、トレブル、ベース、リバーブ【ビブラート】スピード、インテンシティ
  • 入出力端子:インプット ×2、フット・スイッチ接続端子
  • 外形寸法:505mm (幅)、241mm (奥行)、406mm (高さ)
  • 重量:15.7kg
  • 付属品:2ボタン・フット・スイッチ、専用カバー

 

  • レビュー
こちらもシルバー&ターコイズ・ブルーのフロント・パネル、外周に上品なドリップ・エッジをまとったグリルなど、シルバーフェイス期の外観を踏襲しながら、サウンド面に現代的なアレンジを施した V-MOD シリーズのプリンストン・リバーブ。スピーカーはロック・フィーリングにもマッチするセレッション製の10インチ・スピーカー TEN 30 を採用。12W 出力の1チャンネル・アンプながら、ボリュームの調節によって、スムーズなクリーン・トーンからダーティなオーバードライブ・サウンドまで、幅広いトーンを作り出す事が出来る。自宅練習はもちろんの事、クラブ・ギグやレコーディングなど、様々な用途で活用できる扱いやすいアンプだ。整流管を搭載した本格的なオール・チューブ仕様で、伝統のフェンダー・トーンを手軽に楽しめる1台。

 

【FENDER】’68 CUSTOM VIBROLUX REVERB

アンプ, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】’68バイブロラックス・リバーブ

FENDER '68 CUSTOM VIBROLUX REVERB

 

  • スペック
  • 出力:35W
  • チャンネル数:2
  • 真空管:12AX7 ×4、12AT7 ×2 (プリ部)、6L6 ×2 (パワー部)
  • スピーカー:セレッション製 TEN 30 Speakers (10インチ) ×2
  • コントロール:【カスタム・チャンネル】ブライト・スイッチ、ボリューム、トレブル、ベース【ビンテージ・チャンネル】ブライト・スイッチ、ボリューム、トレブル、ベース、リバーブ【ビブラート】スピード、インテンシティ
  • 入出力端子:インプット ×4、フット・スイッチ接続端子
  • 外形寸法:612mm (幅)、245mm (奥行)、460mm (高さ)
  • 重量:19kg
  • 付属品:2ボタン・フット・スイッチ、専用カバー

 

  • レビュー
出力的にはツイン・リバーブとデラックス・リバーブとの中間に位置づけられる 35W モデルのバイブロラックス・リバーブ。こちらも V-MOD シリーズの1台で、ほかのラインナップ同様にシルバーフェイス期の外観を踏まえながら、サウンド面に現代的なアプローチを取り入れたモデルだ。ビンテージ・チャンネルとカスタム・チャンネルの2チャンネル仕様で、スピーカーは V-MOD プリンストン・リバーブにも採用された10インチのセレッション TEN 30 を2発マウント。クランチ―なモダン・トーンが特徴で、キャビネットの大きさはデラックス・リバーブがこちらには用意されている。ツイン・リバーブでは出力が大きく、デラックス・リバーブでは少々物足りないという人にお薦め。

 

【FENDER】’68 CUSTOM DELUXE REVERB

アンプ, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】’68カスタム・デラックス・リバーブ

FENDER '68 CUSTOM DELUXE REVERB

 

  • スペック
  • 出力:22W
  • チャンネル数:2
  • 真空管:12AX7 ×4、12AT7 ×2 (プリ部)、6V6 ×2 (パワー部)、5AR4 (整流管)
  • スピーカー:セレッション製 G12V-70 (12インチ)
  • コントロール:【カスタム・チャンネル】ボリューム、トレブル、ベース【ビンテージ・チャンネル】ボリューム、トレブル、ベース、リバーブ【ビブラート】スピード、インテンシティ
  • 入出力端子:インプット ×4、フット・スイッチ接続端子
  • 外形寸法:622mm (幅)、241mm (奥行)、445mm (高さ)
  • 重量:19kg
  • 付属品:2ボタン・フット・スイッチ、専用カバー

 

  • レビュー
シルバーフェイス期の仕様をもとに、サウンド面に現代的なアレンジを施したV-MODシリーズのデラックス・リバーブ。V-MOD シリーズのツイン・リバーブ同様に、ビンテージ・チャンネルとカスタム・チャンネルの2チャンネル仕様で、ビンテージ・チャンネルは伝統的なシルバーフェイス期のトーン、カスタム・チャンネルは’59ベースマンのトーンに設定されている。スピーカーは1発で、V-MOD ツイン・リバーブと同じく12インチのセレッション製を採用。エフェクターを積極活用する近年のプレイ・スタイルの動向に合わせて、オリジナルのボリューム・ポットに取り付けられていたブライト・キャップを外し、現代の歪みエフェクターとの相性を高める事で、扱いやすさを向上させている。本機もリバーブとトレモロを両チャンネルで共有できるようになっている。