728x90-min

【ギブソン】奥田民生 CF-100E

GIBSON TAMIO OKUDA CF-100E

 

  • スペック
  • ボディ素材:シカタ・スプルース (トップ)、マホガニー (バック)
  • ネック素材:マホガニー
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:19フレット
  • スケール:24 3/4インチ
  • ピックアップ:P-90
  • コントロール:ボリューム、トーン

 

  • レビュー
奥田民生が所有する50年代製CF-100Eを元に製作された奥田民生シグネチャー・モデル。小ぶりなサイズで取り回しも良く、塗装もかなり薄く仕上げられており、非常にボディが軽いのが特徴だ。グリップは適度な厚さがあるCシェイプ。エレアコながらも生鳴りが素晴らしく、低音域から高音域まで音のバランスがとても良い。ボディが小ぶりな分、やや中高音域寄りのブライトなトーンに感じるが、耳につく様なサウンドではなく上品な印象。きらびやかなトーンでありながらマホガニー・ボディ特有の温かみがある音。フィンガー・ピッキングでもピックでのストロークでも音が暴れずとても演奏がしやすいギターだ。ピックアップはカバー無しのP-90を1基搭載。マグネティック・ピックアップはエレキ・テイストのサウンドになりがちだが、自然なアコースティック・サウンドが得られる。